たまのこすの追い越しダメだよんブログ

たまのこすの追い越しダメだよんブログ

Just another WordPress site

一人暮らしの方なら通常の引っ越しパックを利用するより・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 11分

引っ越しの中でも、一人暮らしの方なら通常の引っ越しパックを利用するよりも単身者専用のサービスを探してみると予算面ではかなりお得です。こうしたサービスは専用コンテナを使うことが多く運べる荷物は多くないというイメージを持つでしょうが、思いの外、多くの荷物を入れることができます。収めきれなかった荷物があれば残りは宅配便などの利用を考えましょう。引っ越しで大きい荷物を運ぶ際、特に気を付けたいことと言えば、なるべく大型家具の表面や、家電にダメージを与えないようにしましょう。新しい住まいのために購入したおしゃれな家具などは、ぜひ、クッションになる毛布などを家具に巻き付けたりして運びましょう。きれいな新しい家具を、新しくてきれいな新居に置けるのは嬉しいのですが、細かいキズだらけにしてしまったりすると、イヤになってしまったかもしれません。同じ町内など、引っ越し先が近い場合は引っ越し業者を利用しなくても、なんとかなります。自家用車を使って、運べるだけの荷物は日数をかけて運んでいくようにします。少量ずつであっても、何日もかけますからたくさんの荷物を運ぶことができます。大きな家具や家電は、引っ越し最終日にトラックを一日かりて、運送してしまうと良いです。こんな風にできると、引っ越しにかかる総支出をかなり安くできます。大抵の引っ越しでは、意外なほど多くの不用品が出てくるものですが、これらの品を適正価格で買い取ってくれる引っ越し業者が増えていて、大変な人気を呼んでいます。大きな家具やゴルフ道具一式、ブランド品の数々や、あるいは大きなテーブルや応接セットといったものまで、引っ越しの時に出てくる不用品の種類は様々です。買い取ってほしい品物がたくさんある時は、買取サービスを重点的に行っている業者を選ぶのが賢明です。なぜならそういうところは、専門の買取業者顔負けの査定をしてくれることもありますし、いろんな種類を受け付けてくれ、どこか他の買取先を探す手間がかかりません。これから、引っ越しの前日に終わらせることを説明します。まず、当日のスケジュール調整をしましょう。引っ越し業者の人が来るのは何時か、作業終了の目標は何時かなどの決められた時刻を確認し、人の動きを調整します。荷物は運びやすいように移動しておきましょう。業者さんだけでなく、引っ越しに関係する全ての人のため冷たい飲み物が飲めるようにしておきましょう。作業が終わったところで、飲み物を出せば暑い時期の引っ越しでは心から喜んでもらえます。職場が変わったのでその近くに住みたい、家族が増えたり減ったりした、などの理由で住環境を変えることになるのでしょう。引っ越しをきっかけに、使わないでしまってあるものやいらない服などを一気に処分し、大半の世帯では身軽になって引っ越そうとするでしょう。ただ、布団を処分したという話はあまり聞きません。引っ越しても同じものを使うことが当たり前になっています。自分になじんでいるものなので服よりもはるかに愛着が強いものなのでしょう。電気、水道、ガスなどと並んで、引っ越しの準備の中で忘れてはならないのがインターネット回線のプロバイダーへの連絡です。結構見落とされることが多く、荷物も人も移転しているのに、そういえば、ネットが使えないと思い当たった、という話は時々聞きます。三月から四月の引っ越しが多い時期には開通に数週間かかることも珍しくありません。いくら早くても問題はないので、プロバイダーへの連絡だけでも早めにしておくのが鉄則です。新たな住居と、引っ越しの日取りが決まったところで、今度は是非おおまかに、準備の進め方を計画しておくと良いです。荷物の梱包などを極端に早く開始すると今の生活に支障が出てくる可能性がありますし、あまりスローペースだと、予定に間に合わなくなることも考えられます。ですから、セオリーとしては今の生活で使用しないもの、蔵書や衣服などからまとめていくようにするとスムーズに進めていけそうです。よく知られているように、引っ越しの総費用というのは思わぬ出費もあったりして、意外とかかることが多いようです。できるだけ費用を抑えたいなら、業者選びもなるべくしっかり考えた方が良いようです。引っ越し業者の料金は、移動距離や荷物の総重量が同じ場合であってさえ各業者ごとに金額の違いが出てきます。複数の業者の料金を知って、引っ越しの費用をできるだけ抑えたいという人には、一括見積サイトが断然おすすめです。一括見積サイトに移動したら、出発地から到着地、家族の人数などを入力して一括見積もりを申し込みするといくつかの業者の、それぞれの見積もりを取れますから、金額を比べられとても役に立つでしょう。新居に引っ越すための作業に着手しようとする際、なくてはならないアイテムと言いますと、とりあえずダンボールを外すことはできません。新しい住まいに荷物を運ぶには、ダンボールで梱包しないといけません。大きくて軽い物、小さくて重い物、ワレ物等々、荷物によって箱の使い分けできるように、サイズは大小用意しておくと作業をスムーズに進めることができるでしょう。かなり大量に使用することになりますから、念のため、数はあった方が安心です。スーパーなどのお店からもらってくることもできますし、ホームセンターで販売もされていますが、何と言っても、引っ越し業者の用意するダンボールを使うのが強度や扱いやすさを考えると、おすすめです。引っ越しにまつわる諸々の料金について、いくら位になるか知らないままでいるうちは、少し不安になりがちです。でも、今日日、それくらいのことはインターネットを利用すると容易に聞いたり調べたりできるはずです。また、複数業者からざっくりとした見積もりをもらえるようなサービスもありますから、引っ越し業者の選択に迷って決定するのが難しい時はそういった簡易見積もりをとれるサイトを見て、利用してみると費用面の不安が軽減されるでしょう。引っ越しにつきものの悩みと言ったら、やはりどの業者を選ぶのかですよね。初めての引っ越しとあれば、ますます不安になるでしょう。個人的な話ですが、初めての引っ越しでは「引っ越しのサカイ」さんにお願いしました。他の業者にも見積もりを出しましたが、こちらが一番安価でサービスも良かったです。従業員さんもとても親切に説明してくれて、信頼できた覚えがあります。これ以降の引っ越しは、いつも引っ越しのサカイを利用しています。いつものところだと安心感がありますし、信頼感があるんですよね。また引っ越しがあっても、サカイさんに頼むと思うと安心して引っ越しに臨むことができます。何かサービスを受けた時にそれに対してチップを渡す、という習慣はまったく馴染みがありませんが、しかし、引っ越しの時に限り、料金以外のチップの様なお金を、業者に渡している人は意外と多いです。引っ越し作業という大仕事をしてくれるスタッフに感謝と労りの気持ちで、幾らか包んだり、また、飲み物など差し入れを、あらかじめ用意したりします。当然ながら、こうした差し入れなどは、渡す必要はないのですが、作業をする方からすると、もらえるのはやはりとても嬉しいもののようです。近年においては、だいぶん廃れてしまったようですが、引っ越しが終わったら、家族や引っ越しに関わった人たちと当たり前のようにソバを食べる、という古くからおこなわれてきた習慣があります。どういった由来があるのかというと、ソバの形からどうか細く長くお付き合いできますようにと縁起をかついだのと、名称から「ソバ」に引っ越してきましたからよろしくお願いしますなどとダシャレも込めつつ新しいご近所さんたちに振る舞われたり、配られたりしたとされています。先日引っ越したのは良いのですが、聞いていたとおり、本番を迎えるまでが大変でした。マンションに住んでいたし、一階ではなかったので大きい荷物は業者任せにしました。けれども、それ以外の荷物はお願いしていません。自分でエレベーターに乗せられる荷物は何日もかけて借りた台車に少しずつ積み、転居先に運びました。台車がこんなに使えるとは思いませんでした。つい先日の引っ越しで、荷作りをしているときクローゼットの中を全部開けてみたのですが、新居に持っていく気にならないものばかりで自分に腹が立ちました。奥の方から出てきた服はずっと着ていなかったものが大半でした。結果として、引っ越しをきっかけに今までためこんでいたものを捨てられて、荷物も私の心もきれいに片付いて良かったです。何から手をつけて良いのかわからなくなってしまうのが、引っ越しのときの手続きです。まず、役所に転出届と転入届を出すことが挙げられます。先に転出する市区町村の役所から転出届をもらいます。そして転入先の市区町村の役所の窓口で、転入届を出さなくてはなりません。転出届と転入届はセットであり、転出届がなければ転入届の提出もできないことに気をつけた方が良いです。税金や社会保険などの根拠になりますので他の手続きに優先して、まず終わらせておきましょう。いつ引っ越しするか決まった時点で最優先しなければいけないのは市区町村役場への、転出届の提出です。この転出届、現在住んでいる市区町村で役所の窓口に提出します。郵送でも手続きできます。また、平日昼間に役所に行くことが難しいなら、代理人が提出することも、委任状を出せば可能です。実際の転居の2週間程度前から、転居届を出すことが可能になっているようです。引っ越しは先週末に終わりました。荷物を搬入して新居に入り、玄関の明かりをつけたとき、「これからここで生活するんだ」とジーンときました。そんなこともあって、その日の夕食は普段は食べられないようなピザとお寿司を宅配で、大好きなワインも買ってきて引っ越しのお祝いをしました。期待でいっぱいの新しい生活が始まりました。引っ越しの準備には、経験があったとしても多くの方が頭を悩ませているでしょう。引っ越しを初めて経験する際には、その苦労も何倍も感じるでしょう。この負担を軽くするためのコツですがまずゆとりのある引っ越し計画を立て、それを出来るだけ大ざっぱに実行することがポイントになります。もちろん、人によってはきっちりと計画通り出来る方もいらっしゃいますし、それが出来ればそれが一番良いのですが、手続きや書類記入の作業に追われて、家の中のことをうっかり忘れされてしまうことが良くあるのです。余裕を持った引っ越し計画を立てておいたら、少し遅れたくらいでも、問題なく引っ越しの準備を続けることが出来ると思います。
甲府市 引越し 見積もり

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧